こどものワキガ対策!思春期の体臭は中学生・高校生が多く感じる悩み

子供のワキガの原因と解消法!思春期の体臭の悩みは深刻です。学校生活において腋臭であることは、不登校やいじめの原因になる事も…。学生服に着いた腋臭のニオイの消し方やカッターシャツの黄ばみの落とし方。手術なしでの解決法を考えていきます!運動部も大丈夫!

MENU

中学生のワキガ治療方法は?子供は手術しないニオイ対策

f:id:monkox:20151205180547j:plain

中学生は成長途中でホルモンバランスも安定していませんから、ワキガの治療と言っても手術はまだしない方がいいでしょう。大人になっていく時期であっても、まだ子供ですから安全な方法でワキガの治療を行うのが基本です。

まずは臭いを抑えることから

中学生のワキガの治療は、制汗スプレーワキガ専用クリーム、ニオイを消すミョウバンで行っていくといいですね。制汗スプレーには汗の発生を抑える効果があります。

わきがは汗が雑菌で分解されることで臭ってしまうので、まずは汗をしっかり抑えて雑菌の繁殖を防ぐ必要があります。f:id:monkox:20151206131305j:plain

ただし、制汗スプレーの効果は長時間持つわけではありませんから、数時間おきにケアすることが大切です。学校にも持って行って、休み時間に制汗スプレーを使うようにしましょう。もしスプレーを持参するのが禁止であれば、シートタイプの制汗アイテムでケアをするといいですね。

ワキガ専用クリームには、ニオイを抑える成分や汗の分泌を減らす成分が含まれていて、長時間効果が続きますので、ケアを面倒くさがる男の子にオススメです。

普通のクリームだと保湿成分が入っているので、脇が蒸れてしまいニオイが発生するかもしれませんから、必ずワキガ専用のクリームを使いましょう。

また、不衛生な状態で使っても効果がないので、クリームを塗る前は制汗シートや濡れタオルなどで汗や汚れを拭き取ってから使うようにしてください。

臭いを抑えると評判のミョウバンの効果は?

ミョウバンはワキガのニオイを軽減する効果が高い物質として有名ですね。

f:id:monkox:20151206131634p:plain

ワキガのニオイを発生させる原因のアポクリン汗腺から出る汗はアルカリ性なので、酸性ミョウバンを使うことでニオイを中和してくれます。

しかも殺菌作用もあるので、雑菌の繁殖を抑える効果もありますからワキガの対策にぴったりです。ミョウバンスプレーは簡単に作れます。

ミョウバンスプレーの作り方

用意するもの

  ■ミョウバン20g

  ■水道水500ml

  ■スプレーボトル

つくり方は、ただミョウバンと水道水をしっかり攪拌して混ぜ合わせるだけ!


これをスプレーボトルに入れて、こまめにスプレーをすれば効率よくワキガを抑えることができます。f:id:monkox:20151206132014j:plain

水道水には塩素が入っているので防腐作用がありますが、あまりにも置きすぎると劣化してしまうので1ヶ月ぐらいを目安に使い切るようにしてください。

ミネラルウォーターの方が肌に良いと思うかもしれませんが、こういった水だと塩素が入っていないのでさらに劣化が早まるので注意しましょう。

この3つの対策を実践すれば、ニオイが強くなる中学生のワキガも緩和できるでしょう。

ミョウバンスプレーを作るのが面倒な人はコチラ!