こどものワキガ対策!思春期の体臭は中学生・高校生が多く感じる悩み

子供のワキガの原因と解消法!思春期の体臭の悩みは深刻です。学校生活において腋臭であることは、不登校やいじめの原因になる事も…。学生服に着いた腋臭のニオイの消し方やカッターシャツの黄ばみの落とし方。手術なしでの解決法を考えていきます!運動部も大丈夫!

MENU

こどもに腋臭が遺伝!子供のわきが手術いつ頃がいい?

f:id:monkox:20151205165316j:plain

子供がわきがだったら、親としてはすぐに治してあげたいと思うのが当然です。わきがであることでいじめられたり、嫌な辛い思いをさせてしまう前に何とかして治してあげたいという気持ちから、手術を検討する方も多いでしょう。

わきがの手術は何歳からできる?

わきがの手術を検索すると、小学生でも手術をしてくれる医療機関があることから分かるように、基本的に手術は何歳でも行うことができます。f:id:monkox:20151205170031j:plain

ですのでいつ頃が良いかということに関して、明確な定義や決まりがあるわけではありません。しかし、わきがを完治させるという点から言えば、まず成長途上にある年齢では手術をしない方が良いでしょう。

成長度合いは人それぞれなので、何歳になれば手術をすればいいとははっきり言えませんが、一般的に言えば高校を卒業するまで、もしくは成人式を迎えるまではしないのがベストです。

成長期は汗腺も成長期

わきがの原因であるアポクリン汗腺の数は生まれた時に決まりますが、これは成長とともに大きくなっていきます。特に中学生以降、思春期と言われる時期に急激に増大するのですが、すべてのアポクリン汗腺が完全に大きくなるわけではありません。

f:id:monkox:20151205170423j:plain

わきがの手術では、アポクリン汗腺を一つずつ取り除いていきます。この時、まだ成長しきれていないアポクリン汗腺があると見落としてしまうため、例え手術をしても残っているアポクリン汗腺のせいで再発する可能性があるのです。

わきがの手術に限ったことではありませんが、手術は体に負担をかけます。もちろん低年齢であればあるほど負担が大きくなりますし、傷あとが残ってしまうリスクもあります。ですので最低でも高校を卒業するまでは手術はしない方がいいのです。

ワキガのニオイはセルフケアで抑えられる

わきがのニオイは抑えられないと言うイメージがあるかもしれませんが、わきがが臭ってしまうのはきちんとケアをしないからです。

わきがは優性遺伝するので、単純に言えばわきが人口はどんどん増えているものの、その割にはわきがの人というのはほとんど見かけません。その理由は、わきがの人のほとんどはセルフケアをしているからニオイを抑えられているからです。

f:id:monkox:20151126173347j:plain希に臭うことがあるのは、わきがと気がつかないまま何もケアをしていない人がいるからで、わきがのニオイは消せないということはないのですね。

子供に手術の負担やリスクを与えるよりは、正しいケア方法を教えてあげて、親も一緒に気をつけながらケアをしていくことの方が安全な対策と言えます。

それでもどうしてもひどく臭う場合は手術を検討するのもいいですが、とにかく子供のうちは手術はせずに、デオドラント剤や制汗スプレー、生活習慣の改善などで対策を行っていきましょう。

子供も安心して使えるワキガクリームはコチラ