こどものワキガ対策!思春期の体臭は中学生・高校生が多く感じる悩み

子供のワキガの原因と解消法!思春期の体臭の悩みは深刻です。学校生活において腋臭であることは、不登校やいじめの原因になる事も…。学生服に着いた腋臭のニオイの消し方やカッターシャツの黄ばみの落とし方。手術なしでの解決法を考えていきます!運動部も大丈夫!

MENU

小学生でワキガになってしまったら…親の対策方法!

f:id:monkox:20151126223255j:plain

 一般的にワキガがニオイ始めるのは中学生ぐらいの思春期ですが、最近は子供の成長が早くなっているため、小学生でもワキガになってしまうことがあります。小学生だと、自分でケアをするのが難しいこともあるので、親がしっかり対策を行う必要がありますね。

ワキガが原因のいじめ

子供は無邪気なだけに残酷なところがあり、ワキガのニオイに気がついてしまうと悪ふざけでからかったり、聞こえるように陰口を言ったりします。

小学生の頃にこのようないじめを受けてしまうと、自分に自信が持てなくなりひきこもりや不登校になることもあるので、すぐに対策を考える必要があります。

小学生のワキガ対策

とにかく脇をしっかり洗うこと、デオドラント剤をつけることの2点が重要になります。殺菌効果のある成分が入っているボディーソープを使ってしっかりとワキを洗うことです。まだにおいが軽度でしたら、ボディーソープを殺菌効果があるものにするだけでだいぶ効果があります。

f:id:monkox:20151126225530j:plain

脇をキレイにしたら、無添加のデオドラント剤を使ってニオイを防ぐことも大切です。
小学生にはデオドラント剤は早いという方もいますが、いくら清潔にしていても時間が経てば汗が分泌されてしまいますから、デオドラント剤も必ず使うようにしてください。

もし市販のデオドラント剤を使うのが不安でしたら、重曹を使ってみるのもおススメです。重曹食品添加物として認可されているので安全性が高いですから、小学生のお子さんでも安心して使えます。

重曹と水を少し混ぜてペースト状にして脇に塗っておけば、消臭効果によってワキガのニオイを抑えることができます。少量でも十分効果があるので、コスパも良いところもおススメの理由です。

肌着の素材に気を付けよう

肌着を着ることも対策の一つです。今の洋服はポリエステル混合のものが多いのですが、こういった素材だとワキガのニオイが数倍も強くなってしまいます。洋服の下には綿100%の肌着がオススメです。

f:id:monkox:20151126225919j:plain

もし肌着を着ない場合は汗脇パッドをつけると、雑菌の繁殖を抑えてニオイを軽減することができますよ。

子供は汗をかきやすいですよね。特に男の子の場合は動き回って、常に汗をかいています。市販の脇汗パッドは使い捨てもあり便利です。

 

最近は小学生でもワキガの手術をしてくれる病院がありますが、小学生だとアポクリン汗腺が完全に発達していないため再発する可能性が高いので、成長期が終わるまではセルフケアで対策を行っていきましょう。